スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

伝説のスピーチ 

PICT3016blue.jpg


海は広い

でも繋がっているんだ


地球は大きい

でも一つしかないんだ




伝説のスピーチ  ナマケモノ倶楽部HPへ

1992年ブラジル・リオで開かれた通称「地球サミット」今から15年も前のお話です。スピーチをした彼女は当時12歳ということで私より2つ上、当時私は10歳、知りませんでしたし、聞いてもおそらくわかりませんでした。でも同じことを12歳のころ考えていたこともありました。もう一度読んでみてください。
おそらく今の子たちも同じことを言いたいと思っているはずです。大人になった私たちは一体この15年何をしてきたでしょうか?環境は一向に回復に向かわないばかりか酷くなった15年です。でも人々の意識の中に環境問題という言葉があり、環境問題へ取り組む人の数も増えてきたことは事実です。ですがそれでもまだ足りない。それは自然が育つよりも人間が壊す方が早いからです。



以下にまたリンクを貼っておきますので
回ってみてください。

今日は温暖化と原子力です。




「不都合な真実」

地球温暖化の危機的状況について世界各地を駆け巡り講演をしていた
元アメリカ副大統領アル・ゴア氏のドキュメンタリー映画
地球温暖化のみを題材にしていることから、わかりやすくかつ具体的です。
未来シュミレーションは悲観的過ぎるとの意見もありますが
温暖化に取り組む姿勢は、如いては人が持続可能社会を築くための第一歩です。
最近本も出てますので詳しくはこちらも

不都合な真実 不都合な真実
アル・ゴア (2007/01/06)
ランダムハウス講談社

この商品の詳細を見る





原発がどんなものか知って欲しい

最近見たHPの中で最も衝撃的でした。
原子力発電プラントの建設に携わり、実際に現場で長年労働して97年に亡くなられた平井憲夫さんの手記が綴られたページです。
嘘ではない真の重みが伝わってきます。
これを読んでさらに原発が嫌いになりました。

国と電力会社は「CO2排出の少なくて環境に良い原子力発電」と言います。確かにCO2排出だけ見たら火力発電などと比べてはるかに少ない。
でも危険性で言えば格段に上でしょう。廃棄物も怖い、事故も怖い、テロも怖い、怖いものだらけです。それは原発が「全生命に毒性を持つ放射性物質を扱う原子力発電」だからです。
しかも処理技術は確立しておらず、埋めて2万年管理という非現実的な方法を強行しようとしている現状。許せません。




六ヶ所村ラプソディー

次に是非見たいと思う映画、これもドキュメンタリー映画です。
原子力発電所の使用済み燃料からプルトニウム(燃料)を取り出すという再処理工場の周辺に住んでいる市民の皆さんの話です。
以下Wikipedia「再処理工場」から引用~
再処理のデメリット
原子力発電所に比べ、はるかに多い量の放射線を出す。
深層防護の奥にある原子炉とは異なり、再処理工場では裸の核物質を広範囲に扱うため、厳重な放射線管理が必要となる。また再処理にともなって高レベル放射性廃液が出るため、これらの処分に特別な処置が必要になる。高レベル放射性廃液は固体に固化後、溶けたガラスと混ぜ合わせて固定化し、ガラス固化体として管理する[1]。固化体は、内部の放射性物質の崩壊によって常時約280℃を越える温度を持つため[2] 、一時保管場所で30~50年くらい中間貯蔵し、放射性物質が減って温度が下がるのを待ってから最終処分される。日本における最終処分施設の建設は未定である。~ 引用終わり~

で、その放射性廃棄物処理候補地に手を挙げたのが、高知県東洋町、しかも町長の独断!地元の人からそれが事実だと聞いています。(町長への裏の圧力あり?)莫大な補助金が国から(電力会社じゃなく国から)払われることは周知ですね。
問題点は電力会社と国の言うその「管理」とやらです。

Wikipedia「放射性廃棄物」より引用~
誤解されていることがあるが、半減期の2倍の時間が経過すると放射性物質が消滅するわけではない。 たとえば半減期が約12年であるトリチウムの場合を考える。トリチウムの量は12年後に50%、24年後に25%、36年後に12.5%、48年後に6.25%、60年後に3.125%、72年後に1.5125%、84年後に0.75625%、という様に減っていき、同時にトリチウムが崩壊して出来るヘリウム3が生成されていく。 トリチウムの崩壊後に出来るヘリウム3は安定だが、これが崩壊後も放射性元素だった場合は、当然ながら、この物質も個別の半減期で崩壊していくことになる。
(放射性廃棄物に含まれるプルトニウム239の半減期は計算値で2万4千年です。)
したがって、半減期が長い物質や、なかなか安定元素に到達しない放射性元素の場合、崩壊が終わって安定するまでには、人類の時間の感覚からすると永遠に等しい時間がかかる。
~実際、ほとんどすべての崩壊生成物が放射性物質である。 (さらに「崩壊生成物」より引用)~

現時点では、これを無害化することは不可能であり、長期間に渡り厳重な管理下に置く必要がある。 しかし残念ながら、放射性廃棄物・原料等のずさんな管理、不法な投棄などにより、土壌汚染や人畜への被害などの事故が既に報告されている。~引用終わり~

プルトニウムから放射される放射線アルファ線は癌の原因になります。これは医者も認めていることです。3月1日の東奥日報
日本の成人の死因トップ3に癌(悪性腫瘍や白血病など)が入りますが、それは医者も癌を区別できるようになったから増えたということもありますし、長生きだから生物的にがん細胞が発生することはありえるわけです。ですが若年層にガン発生が増えているそうです。これは「化学物質とか放射線が原因」と多くの人が推測しています。私もそう思います。

不安を煽るのは嫌ですが、じわじわ殺されるのはもっと嫌です。




実は六ヶ所村の再処理工場を止めようという運動がひそかに進んでいます。それについて詳細をUPしているしっぽなさんの「自分の中の tRuE を探して」を参照してください。
音楽家の坂本隆一はもっとまえから「stop-rokkasho」を提唱していますね。日本語版HPはこちら
さらにNGO「BOOMERANG NET」運営の協賛HPはこちら「ストップ ロッカショ.jp」





これだけの反対があるのにそれをつぶして狂行に走る国のやり方が、本当に嫌で仕方ありません。首相がどんどん替わっても、体制は変わりません。「政権交代→官僚の不正を暴く→国の狂行を阻止」が本当に必要だと思います。


暇があったらでいいので、一度全部回ってみてくださいm(__)m
各言う私も全部読んでませんから徐々に見て行きたいと思います。




長くてお堅い記事ですいませんでした。

最後に写真を一枚UP


Aurora with me

こないだこんなことを一人でしてました(笑)
そういえばオーロラと自分を撮ってなかったので良い記念になりました^^
スポンサーサイト
[ 2007/03/07 05:50 ] 写真 | TB(0) | CM(6)

本当に記念☆

こんにちは!
ガイドさんは自分が写ったオーロラの写真って意外と無いかもしれないですね。個人的には春のオーロラが好きなので、是非また独りで(ちょっと寂しいかな、いやそんなことは無い!)オーロラとのツーショット撮って下さいね!

氷の城ですが、確かブルックスからダウンタウンに向かうと左手にあったはず。。。記憶が確かなら。。。
あー、ブルックスよく行きました!アークティックチャー、美味しかったなぁ。また食べたいです(^O^)
今年のカリブカーニバルは23,24,25だと聞きました。時間があったら目一杯、楽しんでくださいね、私の分も(T_T)/~~~
[ 2007/03/06 17:06 ] [ 編集 ]

こんにちは^^

エントリーでもうちの紹介してくれてありがとう!
いろいろ紹介されているので、あとでゆっくり回ります。
Naruさんにもいますぐ出来ること、あるよ^^
日本だけじゃない。
世界にこの動きを広めることが、大事だよ。
だから、今すぐ出来ることあるよ^^

こんな素敵なオーロラを見せてくれる地球を、守りたいって思うでしょ?
自分の子供にも見せてあげたいって思うでしょ?
[ 2007/03/06 21:15 ] [ 編集 ]

ど~も~^^
前回のコメントの付け足しです。
地球温暖化は人間が原因なのは明確です。 僕が言ったのは、まったく別の要因がダブルで地球環境を脅かそうとしているという事ですよ~。 
いずれにせよ僕らの出来ることは、こういう事実を伝えることです。
この問題はのんびりしていられないという事も・・・

NARUさん夏はどうするの?
[ 2007/03/07 04:11 ] [ 編集 ]

翠京さんへ※ありがとうございます

今日天気がよかったので早速行って来ました「SnowKingの氷の城」と「パイロットモニュメント」
実は両方とも今日初めて行きました^^;
まだブルックスも行ってない・・・友達と行こうね!って約束だけはしてありますし、行かずして帰ることはないでしょう。カリブーカーニバル写真コンテストなるものがあるらしいので応募してから帰りたいと思いますv(・∀・)

自分の写真を撮るのが、コレまであまり好みでなかったんですけど、ま、ここまで来たし、たまにはこういうのもいいかなってw
[ 2007/03/08 18:18 ] [ 編集 ]

しっぽなさんへ※できること

紹介しておきました~
できることならこのことをここの人にも理解してもらいたい。ここの人たちの生活事態は日本人のそれよりも質素なので心配ないですし、環境意識も高いです。
こうして近しい人たちにメッセージを送ることが今出来ることかなと。
さぁ他には何ができるでしょうか。
[ 2007/03/09 10:24 ] [ 編集 ]

よしぼうずさんへ※前回の続き

そうですか、そういう認識で。
ダブルパンチだとしても、人間が変わるにはよい機会です。そして人類はきっと生き残るでしょう。
のんびりしてられませんね~。

夏は日本に帰ってますよー!もうイエローナイフでガイドの仕事をすることはないでしょう。オーロラ見に来ることはあるでしょう。
[ 2007/03/09 10:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naruomind.blog20.fc2.com/tb.php/231-02211a79



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。