スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オーロラの女神 

070206182043.jpg


ほら、見てごらん 女神が微笑んでいるよ


オーロラという名称はローマ神話の暁の女神アウロラ (Aurora) に由来する。(by
Wikipedia)


あれ?以前ギリシア神話の~って言った気がする。ま、いっか。訂正しときます。


絵文字製作機能を使ってカメラの絵文字を作ってみました。
カメラ
ごく普通になってしまいました^^;;
スポンサーサイト

神話

由来をしると色々深く知りたくなります。ヨーロッパの美術館へ行きたいな~。
[ 2007/02/21 09:01 ] [ 編集 ]

安奈さんこんばんは!

社会科は地理を選択したくらい歴史には疎いんですが(;^_^A
古い芸術品の多くは神話の影響が色濃いですね。美術館へ行く前に勉強していくと面白いかもしれません。
浦沢直樹×勝鹿北星の「マスターキートン」面白いですよ!考古学の先生で保険調査員のキートンが主人公です。キートンに教えられたこと、結構たくさんあります!
[ 2007/02/21 11:29 ] [ 編集 ]

はじめまして

死ぬまでに一度は見てみたいオーロラを
こんな多く何度も見られることができるって幸せですね。
羨ましいです。

オーロラの写真は難しいと聞いていますが
どれも美しいですね。
カメラのバッテリーはあがりませんか?
[ 2007/02/21 11:36 ] [ 編集 ]

SHINYAさんはじめまして!!

ようこそお越しくださいました!もりもママさんのとこからですね?
幸せですねぇ、普通ツアーの方は3泊か4泊で帰っちゃいますからね。何度も見ました。が何度も見逃して悔しい思いもしてます。
難しいですよ。でもプロに教えてもらったので大丈夫です!!( v ̄▽ ̄)
カメラのバッテリーは-15度以上だと数時間もちます。-30度以下だと30分以内で無理です。使用時までポッケに入れて暖めておくし、交換するのでバッテリーが切れることはありませんね。
どうですかSHINYAさんも是非! 豊富な機材をお持ちのようですし、十分いけますよ!!
[ 2007/02/21 12:53 ] [ 編集 ]

ためいきものですねー。
最後の冬プレゼントを
いただいた気持ちになりました。
[ 2007/02/22 03:32 ] [ 編集 ]

カナダのどちら?

qumiさんのところから飛んできました。
全部見てないのですが、カナダのどちらですか?

-30度ですか・・・。
旭川で-18度は経験していますが、
その時はキヤノンのA-1は問題なく動いてました。
結露とか大変そうですね。
ジップロックがいいと聞いたりします。

行きたいですよ、ほんとうに。
[ 2007/02/22 05:27 ] [ 編集 ]

やぎさん※ありがとうございます

このまま終わらすつもりはありませんよ( ̄ー ̄)ニヤリッ!
まだ後1ヶ月イエローナイフに滞在しますから、良いのが撮れることを期待して置いてください!
やぎさんの目と感覚を持ってオーロラを撮ったら一体どんな風になるんだろう!?是非オーロラを撮影しに来てみてくださいね!!実のところオーロラの動きは、動き回る子供を撮るくらい難しいと思います私( ̄_ ̄;)まっだまだですね。
[ 2007/02/22 13:26 ] [ 編集 ]

qumiさんのところからでしたか

SHINYAさんのブログのコメントがもりもママさんのが多かったからそうかと思いました。qumiさんのところからでしたか~

ここはカナダ北部イエローナイフという町です。オーロラを見に行くと言えばここ!ってくらい日本でも有名な町です。

-30℃は厳しい世界ですね。昨日夕焼けを撮影してましたが、-26℃微風の中、体温はどんどん奪われ、1時間の撮影で2個目のバッテリーが寒さでやられたところで、私にも限界に来て帰りました。凍傷寸前の手が痛くて痛くて(TДT)泣きそうになりながら体を温めるために走って帰りました。
カメラ自体は動きます。結露も、このあたりは湿度が少ない土地なので神経質になるほどの必要はありませんが、おっしゃるように袋に入れるのがベストです。

いつか、来てください。私もいつかまた必ず来ると思います。
[ 2007/02/22 13:39 ] [ 編集 ]

湿気がないというとある以上に寒いですよね。
個人的には湿気のある北海道の寒さより、
京都が底冷えした寒さの方が
寒いと感じるのに似ているのかも?
京都は今年は全然寒くなかったですが・・・。

死ぬまでに絶対行きます。(笑)
[ 2007/02/28 05:36 ] [ 編集 ]

SHINYAさんへ※

こんばんは!

ん~残念!逆ですよ。(/・ω・)/
湿気がある方が体感温度は低いんです。夏も湿度が高い方が暑いですよね。それは水蒸気(水)の比熱が大きいので、暖かいときは暖かいまま、冷たいときは冷たいままでいようとするんです~以下略~・・・多分京都の盆地での冬(生活から出る水蒸気がいっぱい溜まってるはず)と北海道の内陸性の冬では、北海道の方が湿度は低いです(気温低くて水が凍っちゃうから?)今年寒くなかったのは暖冬だからかも?
すいません、説明ぶっちゃって

8,9月11~3月がツアーシーズンです!!(アラスカ・北欧に比べてイエローナイフはオーロラ出現率は良いですよ、オーロラ以外何もないけどw)
[ 2007/02/28 12:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naruomind.blog20.fc2.com/tb.php/223-0ab9d1a8



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。