スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

二日目:Emerald Lake ~ Jasper 

the Rainbow


虹の作り方

用意するもの:

夕日 1こ
雨  少々
場所 なるべく広いところ

夕刻、西側に雨を少々降らせます
雨のしずくがまだ空中を漂っている間に、夕日を用意します
すると東側に、はい出来上がり♪

17日の日記の続きで~す。

エメラルド湖を後にし、次の行動を車内で考えていたのですが
時間はすでに17時、日が長いのでまだめっちゃ明るいです。

西へ行くか、北へ行くか、東へ戻るか
西に行けばヨーホー国立公園を出てしまいますし、帰る方向です。
東へ行けば、レイクルイーズ、バンフの町
北は遠くジャスパーの町があります。

16日の日記の中で書かなかったのですが、
実は国立公園に入るところにゲートがあって
“公園内での一泊につき9ドル”というお金を払っています。
これは維持費などに使われるのでしょうが
私はそのとき悩んだ挙句3日分の27ドルを支払いました。
つまり、一泊すでにしてしまったので残すは後2泊。
なので西へ進むのはナシです。

ここで泊まってジャスパーは明日にするか
いやしかし、ジャスパーまで150km
行って、散策して帰ってくるのに1泊では少ない気がする
じゃぁあきらめるか?
ロッキーへせっかくきたのにジャスパーへ行かずに帰るなんて
今後の人生で二度来れるか分からないところなのに、もったいない
それとも今夜はバンフに戻って、今朝挨拶をしそびれたあの人の所へ行ってみるか


う~~ん・・・・・・

やっぱり、今夜はテントで寝よう!
そう思って近くのキャンプ場へ行ってみることにしました。

車を乗り入れてみたものの、ゲートに誰も居ません。
どうすればいいのか分からず、とりあえずサイトのトイレを借りて
!!シャワーがある。シャワーも借りちゃおう。

で、シャワー浴びたら元気が出てきたので
「よし!ジャスパーまで行こう!」
と決意したのでした。
気分屋さんなので^^;




Bow Lake


こちら、ボウ湖です。
完全に凍ってました^^;

ハイウェイのすぐ側にあって、そんなに標高も高くないと思うのですが
東西にそびえる山のせいで、きっと日照時間が短いんでしょうね

近くのペイト湖はパンフレットを見る限りでは
すごいターコイズブルーの湖らしいので
看板に導かれて行ってみましたが・・・
駐車場に着いたところで雪に阻まれ、しかも地図がないのでどこなのかわからない。
他にも20人くらいが、駐車場にたむろってましたが
皆さん湖は見てない様子。おそらくボウ湖と同じく凍っていたでしょう。


で、またしばらくハイウェイを走っていると
見える山々のすばらしいこと!
お!っと思って車を停めると


Lyell Icefield


山の上にまるでアイスクリームのように盛られている氷!
あれはリエル氷河だと思われます。
で、これの何がすごいかって


    ↓


17mmレンズで撮ると


Mt. Amery


あのでかい山の向こうなんです!!
スケールでけぇ~




また違う山を見つけました

Mt. Kitchener

キッチェナー山

あの上にも雪の塊が!



そして表紙を飾っている虹の写真を撮ったのがここ
“すすり泣く壁:Weepong Wall”という名前がついている巨大な岩壁を超えた先“大曲:Big Bend”というサンワプタ峠への道です。

しばらく前から雨が降っていたのですが、西は明るいなと思いながら運転してました。
そして、峠を上っているところで、東を向くと見事に大きな虹が!
雨がまだ降ってましたが、撮らずに去るなんてできません
大急ぎで雨具を着てカメラを出し、夢中でシャッターを切りました。



そしていよいよやってまいりました。
ロッキー山脈のハイライト、ジャスパー国立公園最大の氷河
コロンビア大氷原です




Clombia Icefield




まさに氷が河のように流れてきているのが見えますね。
夕方を当に過ぎていたので近づけませんでしたが
いい景色でした。しばし時を忘れて観賞。



コロンビア大氷原に到着したのは20時頃
それからどんどん日が暮れていきました。

Sunset on Mt. Flyatt



ジャスパーまで後1時間の距離にあるサンワプタ滝

Sanwapta Falls


もう宵闇の中で撮りましたから滝の流れもスローシャッターで。


ここで休憩に缶のシチューを食べて一息
体が疲れていることは感じていましたが、あと1時間で着くのならと
あたりが真っ暗になる前に進もうと思い、車を走らせました。


・・・・・・


・・・・・・



ドン!!


その瞬間、僕の目に映ったのは、つぶらな瞳のシカでした。




そう、僕はシカを轢いてしまったのです・・・
場所はジャスパーまであと30分の所。
その瞬間のことを説明しろと言われたらこうです。

道は真っ直ぐで少し上り下りがある道
制限速度は90km/h、もちろん守ってました。
右側通行なので右側に各種看板があります。
時々動物注意の看板があることも知っていましたし
暗くなっていたので注意もしていました。
でもあの時、右側にあったキャンプ場の看板を読もうと暗闇を覗き込んで
目線を前からそらせたその瞬間!!
・・・
シカはヘッドライトに驚くと動かなくなるといいますが、
僕が轢く前に一瞬見たシカは、確かにジャンプしてました。




すぐに車を停めました。エンジンはかけたままです。
後続車は近くになかったのでよかったものの
ルームミラーを見ると、シカは道路の真ん中で横たわっています。
そのときの写真はありません。私は報道写真家にはなれませんね^^;

1分もしたかしないかすると、一台の車が横に着けてきました。
『Are you allright!?』ピックアップトラックに乗ったおじさんが声をかけてくれました。
僕は「Yes」と答えるのが精一杯で彼は去っていきました。

車のダメージを確認しようと外に出ると
ボンネットは凹みプラスチックのフロントカバーが外れています。
バンパーは意外ときれいなままで
どうも衝撃はボンネットのその凹みに全て吸収されたようです。
でも、轢いたことは確実で、シカの毛がところどころに引っ付いてました
幸い車のダメージは最小で済んだようです。
でもシカにしてみれば最大のダメージ・・・胸が痛みました。


バクバクした心臓を押さえながら車内に戻って
さぁこういうときにどうするか、と考えていると
一台のVOLVOが、今度は前に止まって、男女2人が下りてきました。
『Did you fight with a deer!?』と女の人が言います。
という顔をしていると『Are you OK?』と聞いてくれました。
僕が、地図に載っている事故対応番号(JAFみたいなやつ)を見ていたので
その女の人は『とりあえず街まであと30分だから、運転できるなら真っ暗になる前に街まで行って電話するといいわ』と言ってくれ、その間に男の人の方は僕が轢いたシカを道の脇に避けてくれていました。

ありがとうを言ってその車が走り出すのを見つめながら
「誰かの車の後ろを走ったほうが安全だ」
ということに気付き、すぐにその車を追いかけるように走り出しました。

しかし、そのときの僕は疲労困憊心神喪失状態でとても危険でした。
それでもあたりが真っ暗になっているため、こんなところで止まるわけにも行きません。
前の車を懸命に追いかけながら、なんとかジャスパーの街までたどり着くことができました。

着いたのは夜の23時頃です。
街の中を少し走ると、まず駐車場を探しました。
右側に大きな駐車場を見つけると、停めて、シートを倒して
僕は死んだように眠りました。




18日に続く
スポンサーサイト
[ 2006/06/15 06:36 ] ロッキーへの道 | TB(0) | CM(8)

NARUさん、こんばんは。
お久しぶりです。
いろいろトラブルが起こって大変なようですね。
でも、そういう経験も後になればよい思い出になりますよ。
シカにはちょっとかわいそうでしたが・・・

大自然の写真、素晴らしいですね。
虹の作り方は今度レシピを元に挑戦してみたいと思います(笑)
これからも素晴らしい写真を期待していますよ。
[ 2006/06/17 04:24 ] [ 編集 ]

こんばんはー。
ごぶさたしていました。
虹、ばっちり撮れていますね!
私はちゃんと撮れたためしがないです。。。
気合がたりないのかも(笑)
[ 2006/06/17 06:22 ] [ 編集 ]

すずさんこんばんは!

あ、話に乗っていただいてありがとうございます。(笑)
今まさに日本は虹ができるチャンスがいっぱいあると思うので
是非逃さないようチャレンジしてみてください。
[ 2006/06/20 01:09 ] [ 編集 ]

やぎさんこんばんは!

やぎさんに触発されてバラを撮ったんですよ~。(これの次のエントリー)虹って意外とうまくはっきり撮るのが難しいんですよねー。でもこのときは虹の背後が雨で白けてたので、うまくいったみたいです。気合は・・・必要ですよ!!(笑)
[ 2006/06/20 01:11 ] [ 編集 ]

す、すごすぎる!!!
だ、大自然だ~~~!!!
まいりました☆
[ 2006/06/20 01:59 ] [ 編集 ]

TYDAさんこんばんは

あ、びっくりしていただいたみたいで(笑)
ありがとうございます。(^^)
[ 2006/06/20 20:19 ] [ 編集 ]

お久しぶりです。

ダイナミックで美しい景色ですねえ
うっとりしながら拝見
私も若い頃もっと冒険しとけばよかった
なんて思っちゃいました。
体に気をつけて今後も頑張ってください。
応援してますよ~♪
[ 2006/06/22 08:37 ] [ 編集 ]

へなそうるさんこんばんは

冒険に危険は付き物なんですね・・
応援ありがとうございます!!
[ 2006/06/27 18:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naruomind.blog20.fc2.com/tb.php/144-5d815b1c



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。